薄桜鬼 感想

 

 

今回は薄桜鬼 のプレイ感想記事を書いていきます。

ものすっごく有名なタイトルですが、今更プレイしてみました。

学生時代、歴史の授業が本当に嫌いで全く歴史の知識がなく、楽しめるかなー?と不安だったのですがすごく面白かったです。
恋愛ゲームとしても、歴史アドベンチャーとしても楽しめました。
新選組って結局何をした人達なの?っていうぐらい新選組について何も知らなかったけど、プレイしてみて新選組の人達の生き様に心を打たれました。

 

《ストーリー》

幕末、文久三年から物語は始まる。主人公・雪村千鶴は江戸育ちの蘭学医の娘。父・綱道は京で仕事をしており離れて生活をしていた。ある日、父との連絡が取れなくなり心配になった千鶴は、男装をして京の町を訪れる。そこで千鶴はある衝撃的な場面に遭遇し、新選組と出会い、父の行方を共に捜すこととなる。新選組隊士達の間で起こる出来事、自身の出生、交わる新撰組の隠された秘密。幕末を駆け抜ける男達の生きるための闘いが繰り広げられる。 Wikipedia抜粋

文章を読み進めて時々出てくる選択肢を選ぶシステムになってます。

まだ全員攻略できてないのですが、この熱い思いをぶつけたくなったので感想記事を書かせて頂きます。

 

 


斎藤一

 


最萌ですっっ
新選組三番組組長。
寡黙な一匹狼。
左利き。
このゲームをプレイするきっかけになった人物です。大好き(♥ω♥*)
彼に一目惚れをし、彼と恋をしたくて始めました
無口であんまり喋らないけど、しっかりとした信念を持ってる。
彼は間違いなく本物の武士です。
斎藤さんにとって新選組の存在は特別で近藤さんや土方さんの命令なら誰でも殺すし、自分の命も顧みない。
糖度が低めの薄桜鬼の中でも特に甘さは控えめだったなと思います。
でも、私はそんな斎藤さんが大好きです(笑)
まあ、だからこそたまに見せる照れ顔が余計に引き立ちます。

共通ルートだけど、斎藤さんが新選組を離れることになった時に、一緒に桜を見上げて話すシーンが好き。

 

『時代の移り変わりとともに変わるものもあれば、変わらないものもある。
そして俺は変わらないものをこそ、信じている』

名言ですよね。

斎藤さんの変わることのない揺るぎなき信念を表してるかのようです。

 

全体的に斎藤さんルートは萌えよりも燃えだった気がします。

副長に忠義を尽くしてきた斎藤さんですが、副長の指示に背く場面があります。
会津藩に恩返しするため、離脱し会津戦争に参加します。
今まで副長の命令は絶対だったのに、斎藤さんの強い意志が感じられました。

最後の戦いで新八さんと原田さんと平助くんが助けに来るところが最高に燃えました。
一時は離れ離れになったけど、また一緒に戦えて本当良かった。

斎藤さんは関係ないけど、近藤さんが斬首刑になった時の土方さんの台詞に泣きました。助けられなかった土方さんの無念さが伝わりますね。
どのルートでもやっぱり近藤さんは助からないのかな・・・
源さんと山崎さんの死も避けられないのかな・・・
新選組が題材の作品だから仕方ないのかもしれないけど悲しすぎる・・・。


EDでは千鶴ちゃんが何度も斎藤さんと呼んでも反応なくて、一さんって呼ぶとようやく反応するところがめっちゃニヤニヤしますね(*´ω`*)
名前呼びしてほしいなんて超絶可愛い。

あと定番ですがキスシーンもニヤニヤです。
幸せなキスではないけど、気持ちが通じ合った瞬間ですよね。
もう、この人は局長と副長が好きすぎて千鶴ちゃんのこと好きにならないんじゃないか・・・ってずっと思ってたから報われて良かったよ。
でもなんだかんだ最初から優しかった気がするな。
源さんみたいな優しさとは違うけど、斎藤さんは斎藤さんなりに千鶴ちゃんのこと気にかけてたような気がする。
何か気づいたら斎藤さんが隣にいて、千鶴ちゃんの言葉に反応してた。

幕末を斎藤さんと過ごせて本当に幸せでした(♥ω♥*)
斎藤さん大好きだーーーー(♥ω♥*)(♥ω♥*)(♥ω♥*)

 

 


沖田総司

 

新選組一番組組長。
天才剣士。
いじめっ子タイプ。
史実通り労咳を患っている。
斎藤さんルートでは中盤からほとんど出番がなく病気で亡くなったので寂しかった(´;ω;`)
彼は幼少の頃からお世話になってきた近藤さんの事が大好きです。
もう大好きというレベルを超えて忠誠を誓ってます。
終盤近藤さんのことで土方さんと衝突するのですが、そのシーンが泣けます。


このルートではなんと千鶴ちゃんが羅刹化します。沖田さんは羅刹化するだろうなと思ってたけど、まさか千鶴ちゃんまで羅刹化するとは・・・。
最初は症状が表れなかったけど、選択肢によっては発作が出て、千鶴ちゃんと沖田さんがお互いに吸血するシーンが出てきます。
萌え~と思いきや切ないです・・・

というか沖田さんのルートほんま切なすぎ(´;ω;`)
ただでさえ沖田さん病気を抱えてるのに
・・・
しかも唯一バッドEDにスチルがついてます。
僕と生きていたいと言ってくれたから僕も生きたいと思った・・・っていう台詞が悲しすぎる。
せっかく想いが通じ合ったと思ったのにこの仕打ちはひどい・・・(´;ω;`)
目に光がなくなるところは胸がキューって苦しくなった。

沖田さんは好きな台詞が多いけど
『僕が君を殺してあげる』
これが1番好き。
涙腺崩壊しました。
すぐ殺す殺す言うけど、こんな優しい殺すは反則だよ・・・
その後のキスはたまらんですな。
どれだけの乙女をキュンキュンさせたんだ٩(◦`꒳´◦)۶
斎藤さんの後だからか余計沖田さんの甘さが際立ちます。


バッドEDはただひたすら悲しかったけどグッドEDは2人でお昼寝してほのぼのしてた。
2人とも幸せそうで良かった。けど、羅刹化してるからその先を予感してしまってどうしても切なさが残りますね・・・

 


《風間千景・ノーマルED》

 

風間EDはノーマルEDから派生するので一緒に書きます。
彼は一応隠しキャラという扱いで二週目から攻略可能となります。

斎藤さんのルートでは何度も風間さんと戦うことになり、その度に斎藤さんを傷つけられて本当に大っ嫌いでした。
なんて嫌な奴なんだ!!と思ってたけど、このルートでは全然そんなことなくて拍子抜けしました。
それどころか、あれっ?この人いい人なんじゃ・・・?と思えてきました。
実感、新選組に対しても馬鹿なヤツだ・・・でもそんな馬鹿なヤツは嫌いじゃないって言ってたし。
でもこの人のルートめっちゃ短い。
最後にキスするけど、千鶴ちゃんはまだ風間さんのこと好きではないだろうし・・・

俺達の戦いはこれからだ!的な感じですかね?

 


ノーマルエンドのこのスチル大好きです

 


涙が止まらなかった。

 

 


とりあえず言いたいことを言います。


・なにゆえ山崎くんが攻略対象じゃないの(´;ω;`)
カズキヨネさんまじ神!!
・萌えより燃え!
・新八ルートも欲しい
・近藤さんルートも・・・と思ったけどたぶん彼は無理ですね(´;ω;`)
・源さんは私の癒しでした
父親ヤバス・・・
・BGMがもっと曲数多かったらな・・・
・千鶴ちゃんいい子だけど、お荷物感が否めない・・・
・でも可愛い
・可愛いは正義!!
・FDは移植しないのかな・・・?

 


他の3人も攻略次第感想記事を書けたらいいなと思ってます。
土方さんが正規ルートっぽいので最後に攻略します(´・ω・)

 

それでは今回はこのへんで